★染谷ニュース〜川根小学校〜その1〜
僕たちが毎年出演している夏フェスがあります

静岡の川根町という

のどかな町が

一日だけ音楽フェスティバルに包まれます




今から20年前

なにもない町で当時の若者が

『俺たちの町でフェスをやろう!!』

と何も知らない素人が始めたフェス

最初は理解されず、苦情も相次ぎ

でも毎年毎年地元の人の元に足を運び

思いを伝え

酒を飲み交わし

今ではフェスをやっても


『若い奴らが頑張ってんだ!応援してやんねぇと』


とおじいちゃん達が笑いながら教えてくれるフェスになった。



あの日フェスを立ち上げた若者達も20年がたち

それぞれに親になったり、自分の店を持ったり

あの頃と状況が変わってきた中で

それでもずっと夏フェスを続けてる。

『俺たちの町にはフェスがある!!』

それが今の川根の若者たちのプライドになってる。

『それを守ってやりたいんだ』と今は40になった当時の若者が目を細めて語る

僕らFUNKISTにとってこの川根で行われるフェスは、かけがえのないものとなっていった。

町を愛する地元の同世代の想いに、いつも心が揺さぶられる

続けることは楽じゃない

沢山のことを犠牲にしてきたことだろう

若さだけで突っ走っれた時代は終わり

それでも続けてきたのは

川根のみんなに笑ってもらいたかったからだ

そんな中、昨年の夏フェスの時にライブに川根小学校の校長先生と、当時の教頭先生が来てくれた。

ライブ前に僕の事を訪ねてくださり

『実は来年の11月に川根小学校の50年祭が行われるんです。そこで子ども達に特別な経験をさせてあげられないかと考えてまして。是非FUNKISTさんの力も貸してもらえないでしょうか?』

と声をかけてくれた。1年半も先の話。

でもその時に『パッ』っと浮かんだ景色があって僕はとっさに

『僕が曲を書きますよ。歌詞は子ども達と一緒に作りたいなぁ。きっといい曲が出来ると思います』

とその場でお伝えしたのを覚えてる。

こうして今から遡る事1年半前

この川根小学校50周年祭のプロジェクトは動き出した。

フリースタイルフットボールを教える球舞
ラップを教えるハマーさん
ダンスを教えるMAMIさん
歌を教えるFUNKIST
映像を教えるレイさん
そして総合監督を球舞のマルコさんが

みんな世界で活躍するするアーティストであり、毎年川根のフェスに出演している表現者たちだ。

髪の色も緑やら白やら金髪やらとにかく色とりどりのこの集団が学校に毎月やってきて

ワークショップを子ども達と繰り広げる日々が幕を開けた

のどかな町で過ごしてきた素朴で純粋な子ども達

最初は突然現れた得体の知れない集団にびっくりしていた。

でもなぜか宮田の事だけは子ども達みんな呼び捨てで『ねぇ宮田!!』と話しかけ、その度に宮田が

『さん。な!!』と伝える下りを1万回くらい見た。

その度に笑顔の花が子どもたちに広がるのが僕らの合言葉みたいになっていった。

宮田だけは最後まで『なぜ俺だけ!?』と首を傾げていたが、、、

とにかく今回のプロジェクトはオーディションで入ってきた子ども達ではない!っていうのが大事で

『やりたい!!』と思ってやってきた子たちではなく、学校行事として先生から

『こんなことやるよー』

と言われて始まったプロジェクトなので子ども達のモチベーションは当然バラバラだ。

さらにオーディションで来た子たちなら

『それで本当にプロになれると思ってんの?』

と強くぶつかることも出来るが、そもそもプロを目指して舞台に立つわけじゃない子がほとんどだ。

そんな中で、みんなで良いものを作っていくために最初に取り組んだのが

『とにかく歌を好きになってもらおう!』

という事だった。

最初のワークショップ。

僕は子どもたちから

『川根の好きなところ』

を聴くことから始めた。

みんな少し緊張しながらも

『みんな優しいよ』

『自然が綺麗だよ』

『みんな元気で誰とでも挨拶するよ』

と川根の好きな所を教えてくれた

その子どもたちの言葉一つ一つから

お父さんやお母さん、先生や友達との日々が垣間見え、その深い優しさに胸が満たされていった

その日の夜、ラップ担当のハマーさんと子ども達の言葉を元に作曲を開始し

翌日子ども達と歌の練習が始まった

自分たちの言葉が曲になった瞬間の子ども達の瞳の輝きが美しかった。けして大げさに喜びを表現する子たちでは無い。でもその瞳の中に確かな『好奇心』を僕は感じていた。

そしてそこから1日みっちり練習し

子どもたちはラップパートもあるその曲をあっという間に物にしてしまった。

そして『自分たちで作った曲』を持って体育館での発表の時間がやってくる。

練習でもすぐに曲を覚え、まだ『堂々と』とまでは言えないまでもしっかり歌えるようになっていたので、僕もさほど心配していなかった。

そんな中で体育館に集まったみんなの前での始めての発表

ダンスチームの発表があり、みんな凄く楽しそうにダンスを踊った!

サッカーチームも技はまだまだ形になっていなかったが、楽しそうにパフォーマンスをした!

映像チームはそれを一生懸命カメラに収める

さぁそして最後が歌チームだ!



練習通り僕がカウントを入れる



『1.2.3.!!』













シーン











誰も歌えなかった。




誰一人声を出すことが出来なかった




緊張、自信のなさ、恥ずかしさ




様々な感情が彼女達を包み込んでいるようだった



そして


ここから


2018年11月24日までの



彼女達の壮大な挑戦は



本当の意味で幕を開けたのだ



最後この一枚の写真の笑顔にまで続く物語が



今はじまったのだ
【その時の映像が収められてるドキュメント『#1』はコチラから】 ー続くー
カテゴリ:- | 11:12 | comments(0) | -
★染谷ニュース〜2週間のボリューム感がメガ盛りな件〜


こんにちは!

ドアを蹴破る5秒前染谷西郷です!



どかーん!!


というわけで前回のブログで10月20日までを書いたのでその続きを書いていこうと思います!


【10月20日】


この日は静岡県で開催されたHAGOROMO音楽祭の記念すべき第一回に呼んでいただきソロで出演させて頂きました。

花男君とかも一緒で燃えに燃えていた私!!


ステージに登るや否や掻き鳴らせ魂のギターー!!!、、、、、(しーん)


ギターの音が、、、うんとも、、、、すんとも、、、出ないんですけどぉ〜



なんという事でしょう!

舞台に登るやわずか4秒


1人アカペラグループに早変わりしてしまった私


流石に30分独唱でやりきる自信がまるでありません


ガクガクに震える膝で『千の風になって』を私が歌いだそうとしたその時でした


『このギター使ってください!!』

神きたぁああああ!!!!!!



震えるアカペラシンガー染谷を見かねてギターを貸してくれたのは全くの初対面

ユタ州のVO のぶと君でした。

僕のギターの音が出てない事を知って花男君が頼みに行ってくれていたのでした(涙)

大切なギターを見ず知らずの私に貸してくれるのぶと君の優しさに打ち震えながら

『大切に使わせてもらいます!!』

とギターを受け取り


大きく深呼吸!!

静岡に響け!新たな友情の音ぉおおお!!!!!

心を込めて紡ぎ出した一音目


『びょいーーーーーーーん』


あのぉ、、、、弦が切れてしまったのですが、、、、(号泣)


『弦張り替えたきますね!!』

と3弦の切れたギターを持って弦張り替えに行ってくれるユタ州と

取り残されたステージ上でヘラヘラするしかない私


数分後真新しい3弦が張られたアコギを持って来てくれたのぶと君


本当にありがとう。


演奏時間こそ短くなってしまいましたが、沢山の人の優しさに支えてもらい

この日にしか出来ないライブが出来たように思います。




ライブ後見たユタ州のライブは最高にぶっ飛んでてカッコよくて大好きになったし、花男君は言葉の強さや包容力がさらに増しててやっぱり最高のライブだったし、夜は雨が降ってきたけど、さらに熱量は増していく、最高な1日でした!
今回呼んでくださったHAGOROMO音楽祭のみなさん、見てくださったみなさん、助けてくださったみなさん、見にきてくれたみんな


本当にありがとうございました!!

次はFUNKISTで帰ってきます!!

その時は確実に宮田のギターの弦を『これはユタ州の分!これはクリリンの分!!』と根こそぎ弦を引きちぎるサイコパスボーカリストになる事を誓います!!

俺は鬼になる!宮田覚悟!!


【10月21日】
この日は兵庫県のオラシオンでソロライブでした


フルートの大瀬さんとも

ピースボール
愛のうた
mama

などコラボさせてもらいながら約2時間のソロライブ!

マイクやスピーカーを使わない完全生音スタイルでのライブは特別で

幸せな時間でした。

いつも心地よい場所を用意して迎えてくださるオラシオンのみなさん、集まってくれたみなさん本当にありがとうございました!!

この日は娘もライブに来ていて、ライブ前一心不乱に公園で遊びまくっていたところ、家の鍵や車の鍵など一式全部失くしまして


おそらくブランコで空を飛ぼうとした時か、滑り台を秘密基地にしていた時かに落としたのでしょう、、、

後日警察署に行くと


バッチリ届いてました!!


届けてくださった優しい方、ユタ州と同じくらい大好きです!!

本当にありがとうございました!!


【10月22日】
この日は12月15日にコラボするマンモスこうちゃんと打ち合わせ!!

この日は合唱とダンスとのコラボを実現させるため新曲を書き下ろしていて



この日は合唱の先生とコーラスパートの確認でした。曲のイメージをお伝えしながら完成していくコーラスパート!

今回は歌が重なる事でより力を発揮する曲が書けたと思います。またこの曲は来年ニュージーランド250kmマラソンを走るこうちゃんたちの応援テーマソングとなっています!さらには映画化の予定も!?

お楽しみに!!

【10月26日】
この日から九州3days!!

という事です伊丹空港から熊本へ空の旅!!

意気揚々と飛行機に乗り込もうとすると、、、

飛行機めっちゃ笑ってるですけど!!


笑顔の量に反比例してなんとも頼りない機体に反比例して増していく不安!!

い、、行ってきます、、


と言うわけで到着した熊本!

この日は七彩さんというステキなレストランでソロライブ


まったーり、ゆったーり

幸せな時間でした。

集まってくださったみなさん、迎えてくださった七彩ののみなさん、今回現地で沢山お力貸してくださったローラさん、本当にありがとうございました!

そしてそのままライブ終わりで熊本の美味しいご飯を頂き



佐世保に移動したのでさ


【10月27日】

この日は佐世保のくっけん広場でライブ!

この日から沖縄音楽を愛する高山さんと2日間ご一緒!

高山さんの歌に込められた人間性、喜怒哀楽にエネルギーを沢山頂いて 佐世保のみんなの手拍子や歌声に力をもらって 最後まで完全燃焼! ありがとうございました!!

打ち上げでの一枚


【10月28日】
この日は諫早に移動!独楽劇場でライブでした!!



のぞみフェスタでいつも最高のライブを見せてくれるオフクロッツも出演してくれて、グランドピアノとウッドベースの調べから始まり、パーカッションとウッドベースで躍動させる!

やっぱりかっこいい!!!!

そして高山さんのライブではスペシャルコラボも実現

高山さんの歌と三線
オフクロッツがウッドベース
僕がジャンベで

島ンチュの宝

をコラボ!!最高に幸せな時間でした!

僕のライブ中も会場のみんながガンガン盛り上げてくれて

三日月トリップでオフクロッツも入ってくれて

15歳のダンサーHINATAも入ってくれて


彼女の心の奥を宿らせるダンスに釘付けに

素晴らしいアーティストとの出会いに震えた1日になりました

また11月にコラボさせてもらう創成館吹奏楽部のみんなも遊びに来てくれて!

創成館と言えば春夏の甲子園でもアルプススタンドでV-ROADを応援に使ってくれていた学校!!

嬉しくてサインもらっちゃった!

11月10日よろしくね!!


【10月30日】
長崎から東京へ飛び





早速午前中からスタジオ!!



神奈川歯科大学学園祭で演奏してもらうマサと柴田さんとのスタジオ!!

まぁ〜強固なグルーヴ!最高に気持ちいい!

そしてマサがBORDERLESSを叩くたび 『うわぁー!音源の人だぁ!』 『本物だ!本人だ!!』 と騒ぐFUNKIST達。


そしてこの日の夜からは11月11日山口県でのフェスで力を貸してもらうFREEASY BEATSのzonita君&甲斐君とのリハーサルスタジオ!!

最高にバンドでした!!

その昔ライブハウスからはみ出したブラックミュージック系のアーティストが毎月1回渋谷のブエノス東京でやっていたイベントがあって

FUNKISTもFREEASY BEATSもそこの常連で

15年くらい前かなぁ

その頃の仲間と沢山の夜を越えて

今こうして奏で会える幸せ

今だから出来る形がある

今しか出来ない形がある

形のない音楽をかたどっていく幸せな時間でした
そんなわけでスタジオでの1日は暮れていったのでした


【11月1日】
この日は朝5時出発で静岡県の川根小学校へ!!


富士山を横目に


やってきたぜ!川根小学校!

と体育館に入るや始まった全校での歌とダンス!


いきなり号泣!!



実は11月24日に川根小学校50周年祭があって

その為に半年以上の時間をかけて子どもたちと一緒に

ダンス、歌、ラップ、映像、サッカー

と練習してきて

いよいよその全てが一つのステージになっていってて

まずは詳しくはこのメイキング映像をチェックして欲しい!!

川根小学校50周年祭

もうさ、はじめて行った時は恥ずかしくて、ずっと下を向いていた子が


今じゃ下級生に歌やダンスを教えてて

堂々とした眼差しで歌うんだよ


その姿がカッコよくて、たくましくて

それだけでもう泣けてしまう


練習いっぱいしてくれたんだなぁ 『ねぇ!さっき泣いてた?』 『なんで、なんで泣くの?』 の子どもたちからの質問責めに 『泣いてねぇし。泣いた事ねぇし。心なぞとうの昔に捨てたし』 と返す幸せな時間
当日どんな舞台になるんだろう

俺も全力で挑みます

川根の仲間は本当に熱いやつばっかで

仕事休んで学校に手伝いに来てくれるんだよ



川根の子どもたちの未来が輝くよう心から願ってる男たちです

あぁ、大好きだなぁ川根。

毎年ビッグネイチャーに出演させてもらって繋がった川根

今年は子どもたちとも出演出来て

うん。語り過ぎちゃうね。11月24日是非来てください!!


【11月2日】
この日も昼過ぎまで川根小学校で子どもたちとワークショップ

この日が川根での本番前僕が参加出来る最後のリハーサル 半年近く子どもたちと一緒に作ってきた時間 帰り際一生懸命頑張ってきた歌グループの子に 『本番が終わったら、もうFUNKISTは学校に来なくなっちゃう?』 と聞かれカッツーン(涙 マジで教員免許とって川根小に先生として就職しようか悩んだね




そして今回フリースタイルフットボールで子どもたちとステージを作ってる球舞のU-taroと沢山語り合い東京へ



東京に戻るやスタジオに直行!

FREEASY BEATSとがっつりスタジオ!

数日前よりさらにグルーヴを増してきてくれた2人の頼もしい事!!

リミッターを外した時のバンド感が嬉しい!!

11月11日は山口に凄い景色を描きに行きます!

お楽しみに!!


【11月3日】

この日はソロツアー『夏の終わり』東京ラウンド

初タイバンだったナミオカコウタロウの歌は素晴らしく
たっくんコドナの落書きとのコラボはバナナトレイン!


南アフリカツアーで初めて会ったたっくんとのある意味始まりの曲
そして遊びに来てくれてたロコリブレのISAMに飛び入りで歌ってもらい
元々手伝いに来ると言ってくれてた祐日に出演させてもらい
近くで打ち合わせしてた?二人目のジャイアン?MASAにも『一曲歌って!』の無茶振りで歌ってもらって

豪華ぁ!!!!

会場に来てくれたみんなが、どの出演者のステージも思いっきり楽しんでくれてさ

なんかなんとも言えない幸せな時間だったなぁ


みんなありがとうね!!

【11月4日】
この日は神奈川歯科大学学園祭『稲岡祭』に出演

雨から始まった学祭も徐々に雨はやみ

最高の音楽に感動し

お笑いのみなさんのステージに思いっきり笑って

FUNKISTライブもみんな楽しんでくれて


そういえばステージ衣装宮田にラスタカラーが戻ってきました!


なんか懐かしくてテンション上がった!

2019年、20年目を迎えるFUNKISTへの覚悟だと思ってください!

突っ走ります!

どうかついてきてください!

すげぇ景色を見に行こう!



ぴょーん


そんなわけで振り返ってみた2週間

濃っ!!!!!!!


音楽と共に

音楽の中を


生きている日々


もっと、もっと

日に日に音楽が好きになっていく日々です


今週末は長崎でV-ファーレン長崎vs横浜Fマリノス戦でライブさせてもらいます





いよいよ残留争いもクライマックス!

あと3試合全部勝てばいい わかりやすい 僕らはそれを信じて一心不乱に応援すれば良いいわけだ やってやんぜ!! 下を向く必要は一つもない ただ前を向いて戦いっていく いつか振り返った時それが道になり歴史となる 1番の勝利はあなたと歩むこと 僕らは共に歩いてる LOVE V-ファーレン長崎

全力で奏でに行きます!!

みんなで歌おう!追い風を巻き起こそう!

そして翌日11月11日は山口県でフェス


そして北海道3daysと

音楽の旅は続いていくのです
カテゴリ:- | 11:38 | comments(0) | -
★宮田泰治の今夜は最高!




さぁ、いよいよです!

今年はたくさん長崎に行けて最高です。

が、やはりサッカー勝って欲しい!


全力で応援します。

全力で挑みます!


全力でV-ROADやります!



全力よりもさらに強力なこれ


創成館高校の吹奏楽部とのコラボが実現!


そうです。いよいよ実現します!


もう絶対勝てます!


サッカーには夢があるんです!





よろしくお願いします!





11月10日にトランス・コスモススタジアムで行われるV-ファーレン長崎vs横浜F・マリノス戦にてFUNKISTのライブが決定!

しかも今回は甲子園でも大旋風を巻き起こした創成館高校の吹奏楽部とのコラボが実現!


11月10日はトラスタで一緒にV-ROADを歌いましょう!

#vvaren #長崎 #Jリーグ
カテゴリ:- | 18:13 | comments(0) | -
★染谷ニュース〜ソロツアー時々宮田〜
おはようございます!!

先日Spotifyでこんな企画があったそうで







なんとFUNKISTのV-ROADも選んで頂きました!!



あの日のボールばかり蹴っていた染谷少年に教えてあげたい

『プロサッカー選手になるという夢は叶わなかったけど、プロサッカー選手が大切にしてくれる曲をお前は書けるようになるんだぞ!!』

って!!

選んでくださったV-ファーレン長崎の選手のみなさん!本当にありがとうございます!

これを励みにより一層精進してまいります!!


というわけで10月に入り

染谷ソロツアー『夏の終わり』が始まりました。終わりが始まりました!?

なんだろう?
冷やし中華辞めました

的な哀愁と切なさを感じたのは僕だけでしょうか?




【10月10日】 京都BASEから始まって

急遽飛び入りでコラボしたGreenWorld TAKAとの一枚

世界一過酷なマラソンに挑戦し続けてる仲間で、前回のチリ アタカマ砂漠マラソンにDIAMONDを書き下ろしたコウちゃんも遊びに来てくれて


実は来年のニュージーランド250kmマラソンに向けて新曲を描き下ろさせてもらったんだ!!

12月15日にお披露目があるから楽しみにしててね!!


そんな仲間との京都に始まったソロツアー!


見に来てくれた関西のみんなありがとうね!!


【10月11日】
翌日は宮田氏が静岡県の川根町川根小学校へ


11月24日に開催される川根小学校のイベント

『川根小学校50周年祭』






のリハーサルを子どもたちと


プロと子どもたちで本気のステージを作る今回のイベント!!

メイキングムービーも公開中

川根小学校50周年特設ホームページ


のどかな町の純粋な子どもたちと各方面のプロが集結して繰り広げられてる挑戦の日々!

是非チェックしてみてください!!


そんなわけで宮田は静岡に向かう中
【10月12日】
染谷ソロツアー『夏の終わり』で福島に!!


BLTサンドが絶品のBLT cafeでライブ


この日は福島の子どもたちの遊び場を守るために頑張ってるチャンネルスクエアーの平さんともお会い出来て、本番前にまた未来への夢を聞かせてもらいテンションバカ上がり!!

平さんいつも目が子どもみたいにキラキラきてるんだよなぁ

福島のみんなも凄く盛り上がってくれて

熱い熱い夏の終わりとなりました

福島のみんなありがとうね!またすぐ来るね!


【10月13日】
この日は福島から仙台に移動して



牛タンを挟みつつ



ソロツアー『夏の終わり』


土曜の昼のライブという事で、小さなお子さんも遊びに来てくれて
またこの日だけのスペシャルなライブになりました!

さらにBORDERLESSツアー初日石巻BLUE RESISTANCEでタイバンしてくれたYS RAYの早坂君が遊びに来てくれて

『じゃあ歌って!!』


という無茶ブリに全力で応えてくれるナイスガイ!!


石巻出身のYs Ray!!
最高にハート熱いバンドです!!


仙台のみんなありがとうね!!

また次はバンドで帰ってくるね!!


そうそう!なんとこの日時を同じくして仙台で吹奏楽部東日本大会が行われてて、北海道予選を突破した東川中学校吹奏楽部のみんなの本番が!

加藤登紀子さんのライブで連れて行って頂いて一緒に演奏した東川中学校吹奏楽部のみんな!その後三日月トリップを一緒にコラボさせてもらったり!

みんなキラキラした目をした最高のミュージシャンたちで


?二人目のジャイアン?とのTOP OF THE WORLDツアーもみんなで遊びに来てくれてね

ライブ後に楽屋に来てトモヤ君やシンノスケに質問ぜめ!

『音楽を楽しむってこういう事なんだ!!』って笑顔で帰っていくみんなの後ろ姿が眩しかった。

そんな東川中学校吹奏楽部のみんなの演奏にソロライブ終わりで行く事が出来て


みんなめちゃくちゃかっこよかった!!



演奏のクオリティーや素晴らしもさる事ながら、本番始まる直前、みんなが一回顔を見合わせて笑顔になった瞬間があって

『音楽を楽しもう!!』

っていうみんなの気持ちが伝わってきて、それだけでもう泣きそうになった

素晴らしい演奏をありがとう!

3年生はこの大会を最後に卒業なんだね。

またいつか

同じステージに立ちましょう!

俺もその日を信じて頑張ります!

【10月14日】
この日は新潟に移動してソロツアー

会場がステーキ屋さんという事で


燃えたぁあ!本番前から燃えたなぁ!

窓の大きな会場で


季節の移り変わり感じながらのライブ

新潟で蒔絵師として活躍していて、FUNKISTTシャツのデザインなんかも手がけてくれてるひろみちゃんも子どもと遊びに来てくれて


ライブ中窓の外を歩く人に手振ったらめちゃくちゃびっくりしてたけど

最高に楽しい1日でした!

新潟のみんなありがとうね!!
またすぐに帰ってくるね!!


【10月16日】
この日は東京に戻ってきてスタジオ!

新曲づくりや久しぶりにやる曲の確認!

家に帰ると、、、


やったぁ!乙武さんの新しい本が届いたぁあ!!!

まだ読み始めだけどもう面白い!!

ちょっとネタバレしちゃいますが
車椅子からの視線を体感してるかのような、乙武さんならではの表現と
ホストクラブで働く車椅子の青年の物語という、斬新な切り口。
ホストクラブに行った事の無い僕にとってはちょっと縁遠い世界観だったりするのかなぁ?と思って読み始めたが最後

負けん気の強い田舎から上京してきた車椅子の青年が興味本位で歌舞伎町の町を車椅子で歩いている中でたわいも無い事からホストと口論になり、最終的に

『じゃあやってやるよ!!』

と啖呵を切ってあれよあれよと言う間にホストクラブで働き始めてしまうという怒涛のストーリー序盤にもう完全に心鷲掴みにされている私。

もうブログ書くのやめて今読みたいもん。


また全部読んだら感想書くけど

すでにスーパーミラクルオススメです!


【10月18日】
そしてこの日は八王子RIPSで

バーボンズ
フラチナリズム
FUNKIST

で3マンライブ!

楽しかったぁ!



3バンドとも全部カラーが違って

でも一つの1日を確実に描いてて


その3バンドを好きな会場に集まったみんなが音楽大好きなみんなで

幸せすぎる1日でした

サポートしてくれた
yoco.
KOU.
fukuo


のジャイアンリズム隊にも感謝!

バーボンズとは5年ぶりのタイバン。
沢山の夜を超え、見えた成長と、変わる事の無い根っこの温かさ

好きだぁ。バーボンズ大好きだぁ!

そして初タイバンだった衝撃のフラチナリズム!

エンターテイメントするし、馬鹿騒ぎするし、でも上手いし、

お腹痛くなるくらい笑ったし、感動させられたし、口は悪いし

すっごく好きになったけど、これからもこのバンドとはつかず離れずの距離感を保とうと心に誓った出会いでした(ウソ!大好きだバカ野郎!!)


こんな再会と出会いが重なりみんなの熱量に乗せられて奇跡的な夜が生まれる


ライブハウスって素敵だ


来てくれたみんなありがとうね!

久々にライブでやったSnow Fairy!

なんか嬉しかったなぁ

【10月19日】
この日はロックミュージカル『ONE LOVE』でも共演しせていただいたタイソン大屋さんが出演される舞台を観劇しにシアター1010へ


面白かった!冒頭から凄まじスピード感で展開される物語! そのまま嵐のように感情を巻き込んで駆け抜けていった2時間 RE:VOLVER 関東は10月22日まで続くそうです! 是非! タイソンさん素晴らしい時間と独創的過ぎる歌声をありがとうございました!!


元気をもらいました!!


【10月20日】
そして本日はこちら


静岡のHAGOROMO音楽祭に染谷ソロで出演です!!

花男君も今日は一緒だし楽しみだなぁ!


そんなわけで日記のように振り返ってまましたこの2週間


明日は兵庫のオラシオンでソロツアー『夏の終わり』です。


お待ちしております。

そうそう!学園祭の出演も決まりました


タイバンもお笑い芸人のみなさんのステージもどれも楽しみ!!

思いっきり盛り上げに行くぜ!!


それでは新幹線の車輪の上から車輪の上へ




行ってきます!!
カテゴリ:- | 05:47 | comments(0) | -
★宮田泰治の今夜は最高!
今日はちょっとだけ豪華な花と、大好きだったあのお菓子と大好きだったあの食べ物を供えつつ一緒に食べました。

いつまでも舞台の上では一緒に奏でてます。


沢山の思い出と、沢山の出会いに感謝して。

また1年過ごしたいと思います。


いつまでも笑顔でいれますように。
カテゴリ:- | 21:40 | comments(0) | -
<< | 2/840PAGES | >>